データ復旧時の注意点と禁則事項|情報資産の保護

プロのデータ復旧術!失われたデータを取り戻そう

スピーディで正確な対応

PCを操作する人

ビジネスの世界において時間というのは非常に大切なものです。仕事で使用するデータが破損した場合は大変だといえるでしょう。少しでも早く復旧させたい場合は法人向けのデータ復旧サービスが最適です。

Read More..

余分なコストの削減

パソコン

企業内部での不要なコストを削減したいと考えるのであれば、1つの情報通信機器を長く使うことが重要です。データ復旧サービスでは、製品自体の修理も同時に対応するので非常にお得だといえるでしょう。

Read More..

大事な依頼をする手順

レディ

データ復旧サービスは便利ですが、調査費用やキャンセル費用が発生してしまうこともあります。法人向けのデータ復旧サービスでは、初期調査までを無料で請け負っているので非常にお得だといえます。

Read More..

誤った対処法

PC

インターネット環境が全国各地で整備されるようになり、それに伴って多くの企業内部でパソコンという電子機器が活用されるようになりました。パソコンを上手く活用すれば社内外のコミュニケーションも円滑に進み、ミーティングや会議で使う資料も短時間で作成することが可能なのです。ソフトウェアをインストールすれば様々な業務にも対応できるといえるでしょう。上記の様に便利なパソコンですが業務で長期間使用していると急に電源が落ちてしまったり、起動しなくなってしまったりする場合があります。仕事中なので社内で解決しようと試みる社員も多いですが、誤った対処法を実施すると大事なデータが復旧できなくなる可能性もあるので注意が必要です。
不具合が起きた場合に何度も再起動させる対処法を取る場合も多いですが、これは逆効果なので割けたほうが良いです。パソコンは何度も通電させることで負荷が掛かるので、不具合を起こした場合は電源と落としてケーブルを外しておくのが良い方法なのです。最近ではインターネット上で無料のデータ復元ソフトも入手できますが、長時間に渡って使用するとデータ復旧ができなくなってしまう場合もあるのでこちらも注意が必要だといえるでしょう。また、不具合を発生させたハードディスク上でデータの上書きをすると、データ復旧が困難となってしまうので、ソフトウェアの新規インストールは禁物です。オペレーションシステムのリカバリ機能は、パソコンを以前の状態へと戻してしまうのでこちらも避けた方が無難となっています。
自己解決が難しい場合は、無理をせずにプロの専門業者へデータ復旧を依頼するといいでしょう。プロの方に任せれば間違った対処をして復旧できなかったといったこともありませんし、迅速に対処してくれるので、安心して任せることができます。まずは、問い合わせてみるといいでしょう。力になってくれるはずです。