大事な依頼をする手順|データ復旧時の注意点と禁則事項|情報資産の保護

データ復旧時の注意点と禁則事項|情報資産の保護

ウーマン

大事な依頼をする手順

レディ

仕事で使用する需要なデータが消失してしまったり、破損してしまったりする場合が幾度なくあります。そのような場合は社内だけで解決しようとするのではなく、社外のデータ復旧サービスを頼るのが良い手段だといえるのです。データ復旧サービスを利用する際はまず、申し込みをするために問い合わせをする必要があります。最近ではインターネット上でwebサイトを持っているサービス業者も多いので、そのような情報媒体を活用してフリーコール番号を入手すると良いでしょう。webサイトからは、webフォームからの問い合わせや申し込みができますが緊急性を要する場合は電話が最適です。申し込みをした後は対象となるメディアや記録媒体を回収、または配送で修理工場へと持ち込んでいきます。
法人向けのサービスとなっているので、条件が整えば最短6時間という短い時間で初期調査は完了となります。調査をした後は復旧可能となっているデータを一覧にしながら見積もりを提示していくので、満足しない場合はこの時点で無料のキャンセルをすることもできるのです。初期調査自体も無料のサービスとなっているので、コストが心配な企業でも気軽に活用することができます。復旧させる内容と見積り金額に納得がいけば、作業開示となり、それと同時に費用の支払いを行なうのです。データ復旧完了後は念入りなウィルスチェックも実施するので、情報セキュリティ的にも優れたサービスだといえます。ディスクメディアという形でデータのバックアップも受け取れるので、依頼後のトラブルも少ないのです。